糖尿病の症状から予防サプリまでを徹底調査 » チェックシートからわかる糖尿病診断テスト

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

チェックシートからわかる糖尿病診断テスト

糖尿病チェックシート

まずは、以下の設問のうち自分に当てはまる項目がどれだけあるのか、チェックしてみましょう。

  1. 肥満気味(または若い頃より10kg以上太った)
  2. 運動は嫌いだ
  3. 汗をかいていないのに、のどが渇く
  4. トイレ(尿)の回数が多い、尿の量が増えた
  5. 疲れやすい、食後の眠気がひどい
  6. 最近、見えにくく感じる(視力が低下した)
  7. 脂質やカロリーの高い料理が好きだ
  8. タバコを吸う
  9. 最近、めまいや立ちくらみをすることが多くなった
  10. 手足にしびれを感じることがある
  11. 健康診断で血糖値が高いと言われた
  12. 生活が不規則で寝不足な日が多い

いかがでしたか?当てはまる項目が多いという方は、糖尿病予備軍またはすでに糖尿病かもしれません。

より詳しくチェックするためにこちらの詳細を参照していただき、該当するようでしたら早めの検査をおすすめします。

血糖値の上昇を抑えるために

食事による生活習慣病予防のひとつとして、血糖値の上昇を抑える成分を含んだドリンクやサプリメントを摂るというのも効果が期待できます。

特に、以下の成分は医学的にも効果が確認されているものですから、試してみる価値はあるでしょう。

サラシア

糖の分解を抑え、血糖値の上昇を抑制する効果が期待。糖尿病予防はもちろん、合併症を防ぐのにも有効だとされる成分です。

難消化デキストリン

特定保健用食品(トクホ)として認定されている成分。小腸にはたらきかけ、糖の吸収を抑えることで血糖値の抑制効果があることが確認されています。

小麦アルブミン

糖質を分解する酵素(消化酵素アミラーゼ)のはたらきを阻害し、血糖値の上昇を抑えることがわかっている成分です。

ピニトール

俗称「植物性インシュリン」。これを摂ることでインシュリンと同じはたらきをするとされることから、糖尿病予防に古くから用いられてきました。

最近ではこうした成分を含んだ商品が、コンビニやドラッグストアなどで簡単に購入できますので、気になる方は検討してみてはいかがでしょうか。

チェック項目の詳細

1.肥満気味(または若い頃より10kg以上太った)

肥満気味の人は、インスリンのはたらきを弱めるホルモン(LECT2)の分泌が多く、血糖値を抑えにくい(=糖尿病になりやすい)ことがわかっています。

2.運動は嫌いだ

運動をすることで血中内の糖分が効率よく使われるようになり、血糖値の抑制につながります。特に有酸素運動を食後30分~60分に行うと効果が現れやすくなります。

3.汗をかいていないのに、のどが渇く

糖尿病初期症状のひとつ。血液中の余分な糖分を薄めるために、水分を欲することがあります。特に、汗をかいていないのに多量の水分を飲む人は要注意。

4.トイレ(尿)の回数が多い、尿の量が増えた

「のどが渇く」とセットで現れたら、糖尿病の可能性が高いです。多量に摂取した水分を、余分な糖と一緒に排出するため尿の回数や量が増えます。

5.疲れやすい、食後の眠気がひどい

血液内に糖分が多くても、筋肉や組織に糖が行き届かず、倦怠感が続くといった症状。これも糖尿病初期症状のひとつです。

6.最近、見えにくく感じる(視力が低下した)

視力低下、小さな虫が飛んでいるように見える、視界の一部が欠けている…などの症状は、糖尿病の合併症(糖尿病網膜症)かもしれません。速やかに診察してもらいましょう。

7.脂質やカロリーの高い料理が好きだ

食事は糖尿病に直接かかわる要素のひとつです。このほか、魚や野菜を食べない、お酒の量が多いという方も、糖尿病予備軍の可能性が。予防するための食生活を紹介します。

8.タバコを吸う

タバコを吸うと交感神経が刺激され、血糖値を上げる作用のあるホルモンや、インスリンの作用を弱めるホルモンが分泌され、糖尿病になりやすいと言われます。

9.最近、めまいや立ちくらみをすることが多くなった

立ちくらみの原因はいろいろありますが、「起立性低血圧」の一因に糖尿病の合併症のひとつ「糖尿病神経障害」が関係していることがあります。原因不明の方は疑ってみましょう。

10.手足にしびれを感じることがある

何もしていないのに長時間しびれを感じるのは、糖尿病の合併症(糖尿病神経障害)によるものかもしれません。糖尿病がかなり進行していることも考えられます。早めに原因追及・治療を。

11.健康診断で血糖値が高いと言われた

空腹時の血糖値が126mg/dLを超えると、糖尿病の可能性がかなり高いといえます。またそれ以下でも、糖尿病と診断される数値がありますので、正しい知識を身に付けておきましょう。

12.生活が不規則で寝不足な日が多い

睡眠不足が続くと、インスリンのはたらきを抑制するホルモンが多く分泌されるようになり、糖尿病のリスクを高めます。適正な時間、質の睡眠で糖尿病予防に努めましょう。

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

コンテンツ一覧

サイトマップ