糖尿病の症状から予防サプリまでを徹底調査 » 糖尿病とは?知っておくべき基礎知識とメカニズム » 合併症

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

合併症

ここでは、糖尿病がきっかけで発症する主な合併症について紹介します。重症化すると人工透析や入院が必要になる場合も。合併症を防ぐためにも、糖尿病の早期治療をはじめましょう。

糖尿病がもたらす3大合併症

糖尿病の恐ろしさは、少しずつ進行していくため日頃から体調を意識していないと自覚症状になかなか気付けないところ。体調の異変を感じた時には症状がかなり進行して、合併症をともなっている場合もあります。

合併症にはいくつかの障害がありますが、なかでも多くみられるのが3大合併症です。糖尿病の発症から数年で、これらの病気を引き起こします。

糖尿病性神経障害

3大合併症のなかで、多くの場合最も早く現れるのが糖尿病性神経障害です。

高血糖になると血管を劣化させやすくなり血の巡りが悪化。血行が悪くなると栄養や酸素が体中に行き届きにくくなり、神経にも影響を与えます。現れる症状は、手足のしびれ末端冷え性感覚の鈍りめまい立ちくらみなど

さらに悪化すると足に栄養が届かなくなり壊疽(えそ=体の一部が死んだ状態)を起こし、最悪の場合、足を切断しなければ命に危険が生じる可能性もあります

現在では障害を抑える治療薬や糖尿病を早期発見した場合には予防薬での対処が可能です。異変に気付いた時に、すぐ病院で診察を受けましょう。

糖尿病性網膜症

網膜は目の組織です。血行が悪くなることで目に栄養分が届きにくくなったり血管が詰まったりして、視力の低下や眼底出血などを引き起こします

最悪の場合、失明に至ることも。失明といえば緑内障を思い起こす方も多いかと思いますが、糖尿病性網膜症は日本人が失明する原因のなかで緑内障と並んで多い病気です

眼科での治療を受けることで視力低下は抑えられますし、糖尿病を早期発見することにより予防薬でも対処できます。

糖尿病性腎症

腎臓に影響を与える合併症です。腎臓には血液をろ過する作用があり、余分な糖分もここで吸収し体外へと排出。しかし高血糖の場合はろ過作用の働きが悪くなり、やがて腎臓に大きなダメージを与えます。これが悪化すると腎不全を起こし、腎移植の手術を受けるか人工透析を受けなければ生命に危険が生じる可能性も

人工透析は、1回につき4時間程度、週に3回受けるのが一般的です。腎臓にまで合併症が及んだ場合、人工透析の治療を一生続けなければなりません。通院の手間やストレスも少なくない人工透析を必要としない健康な毎日を送るためにも、早期に糖尿病を発見して予防策を打つ必要があります。

その他の合併症

糖尿病の合併症はこの3つだけではありません。他にも注意すべき症状があります。

どちらも生活習慣に気をつければ避けることができます。肝心なのは「体の不調を感じたらすぐに検査を受ける」「健康的な日常生活を送る」ことです。

動脈硬化性疾患

その名のとおり、動脈が硬くなる症状です。

血管はホースのように弾力があります。血管は加齢などが原因で古びたホースのように硬くボロボロになっていきますが、糖尿病は血管の細胞にダメージを与え続け、劣化を大幅に早めてしまいます。

まだ働き盛りの年齢なのに動脈の劣化はお年寄り並み、ということも。

動脈硬化性疾患は様々な症状を引き起こします。

心筋梗塞を引き起こす冠動脈疾患、心臓から押し出される血液を受ける大動脈が裂けて致命傷を与える大動脈解離など命に関わる症状が有名です。

さらにQOL(生活の質)をだんだん落としてしまう末梢動脈疾患もあります。腹部から足に向かって伸びる動脈が狭くなる症状で、ひどい足の冷えから始まります。

放置すると足の痛みが続き、歩行困難に陥ります。やがて安静にしても足の痛みが続き、最終的には壊死することもあります。

末端動脈疾患は50代以上の男性が起こしやすい症状です。

男性は女性に比べて筋肉量が多く、冷えの症状は起こしにくい体質です。それなのに冷えがひどいのは血管に異常があるかもしれません。最近やけに足の冷えが辛い、歩きづらいと感じたらすぐに循環器内科に相談しましょう。

健康な生活を続けるためにも早期予防を心掛けましょう。タバコはきっぱり止め、医学的に肥満な方は健康的な方法でダイエットに励みましょう。

有酸素運動を日常生活に組み込むことも必要です。わざわざジム通いをしなくても階段を上り下りする、会社から家まで徒歩で歩くなど日常の動作を増やしてもある程度の効果が期待できます。無理のない範囲で続けていきましょう。

予防は血糖値を急激に変動させないこと。甘いお菓子や酒を飲み続けるのはできるだけ控えましょう。コーヒーに砂糖を入れるのも止めるか、せめて1杯だけに留めましょう。

血糖値を穏やかに変動させるためには食物繊維が欠かせません。食事のときは必ずサラダを付けて食事の始めに食べる、炭水

化物や脂っこいものを適量に控える、何よりも「よく噛んで食べる」など、食生活の改善に努めましょう。

併せて血糖値の上昇を穏やかにするサプリを使うのも効果が期待できます。

ソフトドリンクケトーシス

別名「ペットボトル症候群」。甘いジュースやスポーツドリンクを大量に飲んで急激に血糖値が上がる症状です。身体のだるさ、急激な喉の渇きなどの症状が出て、昏睡など命に関わる重症になることもあります。

ソフトドリンクケトーシスはごく軽度の糖尿病の方や健康な若い方でも発症することがあります。糖尿病患者の方だけでなく、健康な方も注意しなければなりません。

甘いジュースを大量に飲むと血糖値が急激に上がります。脾臓が必死にインシュリンを出しても追い付かずに血糖値が上がったままになります。

血糖値が上がると喉が渇きますが、それでさらに甘いドリンクを飲むと悪循環になります。

体内に糖がたくさんあってもインシュリンがなければエネルギーに替えることができません。仕方がないので脂肪を燃やしますが、その際に発するケトン体という老廃物が症状を引き起こします。

ソフトドリンクケトーシスの対策は、糖分を一度に過剰摂取しないこと。ペットボトルや飲み放題で甘いドリンクをがぶ飲みするのは絶対に止めましょう。

スポーツドリンクは意外と多くの砂糖が使われています。水で薄めて飲む、量を制限するなど工夫をして糖分の摂取をできるだけ控えましょう。

水を飲むのも良いですし、麦茶など昔ながらの飲料を飲むと汗で失われたミネラルが補充され、満足感が得られます。麦茶は腐敗しやすいのでよく冷やして保管しましょう。

激しい運動をする際も糖分は水分からでなく、飴やお菓子などでカロリー計算しながら補充しましょう。スポーツ羊羹やスポーツ用はちみつなど便利な携帯アイテムが増えています。

【参考】

一般社団法人 日本動脈硬化学会末端動脈疾患 糖尿病情報センター 糖尿病の急性合併症のはなし

急性合併症を引き起こすシックデイ

糖尿病で恐ろしいのは、3大合併症だけではありません。糖尿病の患者さんがなんらかの病気にかかってしまうと、日頃はコントロールできている血糖値が乱れやすくなり、急性合併症を引き起こしやすくなってしまうのです。

この状態を「シックデイ(sick day)病気の日」と呼びます。糖尿病の闘病生活の上で、特に注意が必要な日になります。

血糖値が高くなりやすい

シックデイに該当するのは、特別難しい病気ではありません。風邪や発熱、下痢、腹痛、食欲不振といった普段の生活の中でかかりやすい病気のほか、外傷や骨折なども該当します。

このような病気になってしまうと、いつもと違うストレスに身体が晒されてしまい、ストレスホルモンと呼ばれるステロイドホルモンなどが分泌されます。このストレスホルモンは、身体を防御する役割を持っている反面、インスリンの働きを弱めてしまうのです。その結果、高血糖を引き起こしてしまいます。

糖尿病でなければ、血圧が高くなってもインスリンの分泌が増えるので問題はありません。しかし、糖尿病患者さんの場合、インスリンの分泌を増やすことができないので、高血糖となりやすいのです。

血糖値が低くなりやすい

シックデイは、血糖値が高くなるだけでなく、低くもなりやすいのが特徴です。シックデイはいつもより食欲が落ちてあまり食べることができなくなる場合があります。薬物療法をしている糖尿病患者さんの場合、いつもより食べる量が少なくても服用する薬は通常通りだったりすると、血圧が低くなってしまう低血糖を引き起こしてしまいます。

また、下痢や発熱による発汗など病気によって脱水症状になることで、腎臓の機能をも低下させてしまいます。そのため、腎臓から排出されるタイプの薬の場合、その薬の成分が排出されず体内に留まってしまい、血糖値をさらに下げてしまうのです。

ケトアシドーシス

1型糖尿病患者さんやインスリン治療中の2型糖尿病の患者さんに注意してほしいのが「ケトアシドーシス」です。インスリンの働きが弱い時や炭水化物の摂取量が足りない時に、体内にある脂肪がエネルギーとして使われ、肝臓にケトン体と呼ばれる物質が作られ血液中に溜まっていく「ケトーシス」と、酸性のケトン体が増えることで血液が酸性になってしまう「アシドーシス」と呼ばれる状態になることを「ケトアシドーシス」とさします。

このケトアシドーシスになると、吐き気や腹痛といった症状が現れ、進行すると意識障害や昏睡状態に陥ってしまい、緊急の治療が必要となります。

このケトアシドーシスになってしまう原因に多いのが、日頃インスリン治療を行なっている糖尿病患者さんが、シックデイでいつもより食欲がないため「食べられないから血糖値は上がらないはず。」と自己判断でインスリン注射を中断してしまうことだといわれています。

糖尿病患者さんはインスリン注射を自己判断で中止するのは絶対に止めましょう。食欲がなくて食べられなかったとしても、血糖自己判定をもとに、単位数を加減してインスリン注射をすることで、ケトアシドーシスを予防することが可能です。

高血糖高浸透圧症候群

高齢の2型糖尿病患者さんに気をつけてほしいのが「高血糖高浸透圧症候群」です。シックデイには、血糖値がいつもより高くなりやすくなります。血糖値が高くなると、尿浸透圧も高くなるため、身体の中の水分が尿として排出されやすくなり、脱水状態になりやすくなります。さらに、病気によって引き起こされる下痢や発熱によっても身体の水分は排出しやすくし、食欲低下によって食事からとれるはずの水分も少なくなり、ますます脱水状態を強くしてしまいます。

脱水状態になると、血液が濃縮されてしまうので、必然的に血糖値もより高くなります。この悪循環の末引き起こされる、激しい脱水症状と著しい高血糖という状態を高血糖高浸透圧症候群と呼びます。この状態になってしまうと、身体全体の血液循環が悪くなり、さまざまな臓器の働きにも影響を及ぼしてしまうため、緊急の治療が必要となります。

高齢者は、もともと体内水分量が少ないため、少しの変化で脱水症状になりやすい傾向があります。また、脱水状態になっても、あまり喉の乾きを感じないという特徴があるため、発熱時や食欲不振時などは、積極的に水分を補給し、事前に予防することが大切です。

 

【参考】

島健二 小松まち子糖尿病透析患者の血糖管理 2009 荒 木 栄 一  七 里 元 亮特 集  糖 尿 病 一 診 断 か ら 自 己 管 理 ま で 一、日本 内科 学会雑 誌 第89巻 第8号 ・平成12年8月10日[PDF] 眞田 淳平 木村 友彦 金藤 秀明高血糖緊急症[PDF] 野崎剛弘/小牧 元/須藤信行糖尿病診療ガイドライン 2016[PDF]

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

コンテンツ一覧

サイトマップ