糖尿病の症状から予防サプリまでを徹底調査 » 糖尿病を予防・改善する方法 » 運動

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

運動

ここでは糖尿病を予防する運動について、代表的なものから簡単なものまで幅広く紹介します。

糖尿病の予防効果が期待できる運動とは

糖尿病を患う方には、普段から運動をしてこなかったという人がたくさんいます。

筋肉を収縮するときに糖が使われますので、できるだけ全身の筋肉が使える運動を続けることで、血糖値の抑制につながるのです。汗を流し、血糖値の上昇を抑える運動の習慣を身に付けると、糖尿病予防の効果が期待されます。

とはいえ今まで運動をしてこなかったのですから、いきなり激しい運動をしても充分な効果が期待できません。ここでは「今から運動を始める!」という人でも挑戦しやすい、糖尿病予防の効果が期待される運動についてご紹介しましょう。

有酸素運動をする

有酸素運動は、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防に効果があるといわれる運動です。

散歩やジョギング、水泳、サイクリング、エアロビクスなどが、有酸素運動の代表格でしょう。

長年体を動かしていなかったという方なら、最初は軽いウォーキングから始めて、ジョギングやサイクリングなど少しずつ運動量を増やしていくようにするのがおすすめです。

食後30分後に運動を始める

血糖値がもっとも上昇するのは、食後30~60分後だといわれます。この時間に運動をすることで、血糖値が上がりにくい体質になるのです。

運動する時間は最低でも30分、できれば1時間くらいがおすすめ。軽い運動でも、これくらい運動すれば糖がエネルギーとなって燃焼され、血糖値の上昇を抑えられます。

運動を生活の一部に取り込む

なかなか運動する習慣が身に付かないという方には、普段の生活の一部を運動する時間にあててみましょう。

日常生活に取り入れやすい簡単な運動

体を動かす機会を普段から意識しながら行動するのも、糖尿病予防に効果的です。運動による効果は、続けることで徐々に表れるはず。

激しい運動を1回やるより、軽い運動を継続させたほうが習慣付いてより高い糖尿病予防効果が期待できます。

まずは、できることからやっていくことがポイントです。

あわせて、食生活の改善も大切。健康的な体を意識したバランスの良い食事を心がけましょう。最近ではサプリメントやトクホのドリンクなども手軽に購入できます。食生活に不安がある方は、こうしたものを利用してトータルバランスで調整して糖尿病予防に繋げてください。

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

コンテンツ一覧

サイトマップ