糖尿病の症状から予防サプリまでを徹底調査 » 糖尿病を予防・改善する方法 » 睡眠

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

睡眠

ここでは睡眠と糖尿病の関係についてまとめています。

糖尿病予防には十分な睡眠が不可欠

睡眠不足は、糖尿病をはじめ生活習慣病や心の病など、さまざまな病気の一因になるといわれます。睡眠を十分にとることも、糖尿病予防には不可欠です。

十分な睡眠と体への影響について、国立精神・神経医療研究センターでは、ある実験をおこなっています。

実験は、健康な男性を対象に十分な睡眠がとれる環境を9日間与え、その前後で体の内分泌機能の変化を調べるというもの。その結果、適正な睡眠時間をとるようになればインシュリン分泌量が増大するなど内分泌機能が改善することが明らかになりました。空腹時血糖値も、十分な睡眠で下がることが確認されています

睡眠不足が糖尿病を招く理由

十分な睡眠をとれていない人が糖尿病になりやすいのは、交換神経のはたらきに深い関わりがあります。

睡眠時間が不足すると、交換神経に刺激を与えるカテコラミンなどのホルモンの分泌が増加。一方でインスリンの効果を悪くするホルモン(コルチゾールなど)も増加することが確認されています。

これらの作用により、インスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性の体になっていき、血糖値が上昇して糖尿病を招きやすくなるわけです。

また睡眠不足はストレスを増大させます。ストレスも交感神経に刺激を与えるひとつの要因ですので、ストレス発散も糖尿病予防には重要な要素です。

睡眠は時間だけでなく質も大切

平日の睡眠不足を補うため、休日に寝だめをする方も多いかもしれません。

睡眠は、単純に時間が多ければいいというわけではありません。睡眠の「質」も糖尿病予防には重要です。

質の高い睡眠をとるには、起床時間と就寝時間を平日も休日も同じにすることが大切だとされます。体に一定のリズムが刻まれることで、不規則な生活からの脱却もできるということです。

また寝る前にはカフェインやアルコールなどの刺激物を控える、パソコンやスマートフォンなど目に刺激を与えるようなものの使用を抑えることも、睡眠の質を高めるのに効果的。

バランスのとれた食生活も糖尿病の予防につながります。外食やコンビニの弁当などが多いという方は、血糖値を抑えるのに効果が期待されるサプリメントなどを利用しながら、糖尿病予防に努めるのも一手でしょう。

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

コンテンツ一覧

サイトマップ