糖尿病の症状から予防サプリまでを徹底調査 » 糖尿病に関する10コの疑問を解決! » EDと糖尿病の関係性は?

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

EDと糖尿病の関係性は?

ここでは糖尿病を発症した男性が注意すべき症状・糖尿病性EDについてまとめています。

糖尿病を患って勃起不全障害に…

糖尿病にかかってから、さまざまな症状が出てきました。

なかでも気になるのが、勃起不全障害(ED)。性欲が減退したのも一因かもしれませんが、糖尿病になるとこの障害も出てくるという話を聞いたことがあります。

誰かに相談したくても、相談しにくい内容なので話したことはありません。本当に糖尿病になったことが原因なのか、ずっとわからないままでいます。

糖尿病が起因する合併症「糖尿病性ED」

なぜ糖尿病になるとEDを発症しやすいのか、3大合併症とも合わせてメカニズムを解説します。

男性糖尿病患者の半数前後が発症している

糖尿病にはいわゆる3大合併症に代表されるように、他の病を併発する可能性が高い病気です。そのひとつに、糖尿病がもとで勃起不全になる糖尿病性ED(糖尿病性勃起障害)があります。

糖尿病性EDは男性の糖尿病患者のうち、健康な人と比べ2~3倍、患者全体の3~6割もの人が発症するとされている病気。日本での患者数は100万人以上いると推定されています。

糖尿病性EDのしくみ

糖尿病が引き起こす合併症のなかには、3大合併症のひとつとして知られる糖尿病神経障害があります。血糖値が高い状態が続くと、神経繊維の減少や繊維密度の低下といった神経障害を引き起こしやい状態に。脳で感じた性的刺激が神経回路から伝わるのを遮るため、EDの症状につながります。

自律神経失調症も糖尿病患者に多い病のひとつです。泌尿器系や生殖器系にも悪い影響を及ぼすことがわかっている病気で、勃起不全や射精障害といった糖尿病性EDも、その一因で起こるといわれています。

また高血糖の人は、神経を形成するのに必要な酸素が行き届きにくくなります。陰茎知覚、陰茎海綿体にある神経も形成されにくくなることで、EDの症状となって現れるのです。

糖尿病性EDは治療を行う患者は少ない

糖尿病は一度かかると完治しにくい病といわれていますが、糖尿病性EDは治療を受けることで改善される見込みのある病です。しかしながら現状では、糖尿病性EDの患者で治療を受けている人は極めて少ないとされます。

そもそもの原因である糖尿病の治療に専念することが最優先ではありますが、一方で「恥ずかしい」「歳だから諦めている」「家族が協力的でない」などの理由から治療を行わない人も多いようでしょう。

症状が軽いうちに改善できれば、自分に自信がつきます。周囲の人に話を聞いてもらうのが難しければ、まずは担当医やEDの専門医などに相談して治療に専念してみてはいかがでしょうか。

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

コンテンツ一覧

サイトマップ