糖尿病の症状から予防サプリまでを徹底調査 » サラシア » サラシアの効果・効能とは?

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

サラシアの効果・効能とは?

医療技術の進歩に伴い寿命が年々延びているのに比例して、健康意識も高まりを見せています。サラシアは、血糖値の上昇をゆるやかにする作用がみとめられている成分です。血糖値が気になる方や運動に頼れない方などが、プリメントとして利用しています。糖の吸収をおだやかにするので、ダイエットサポートとして取り入れている方もいるようです。

サラシアの効果をかんたんに

サラシアはこんな方に向いています

糖吸収を抑制する天然成分サラシア

東南アジア〜インド・スリランカ地方に育つサラシアは、古くから民間療法で肥満治療などに用いられてきた植物です。ニシキギ科の低木で、インドではサラシアの木を使って作られたコップに水を入れ、サラシア成分を抽出したものを薬として飲んでいるとも言われています[1]。

日本でも、サラシアの「チオクシリトール」と呼ばれる成分が、血糖値が気になる方に適した保健用途成分として“特定保健用食品”に認可されています。

このページでは、サラシアの持つ効果や働きをさらに深掘り!糖尿病予防や肥満予防にどのように効果があると言われているのかを解説します。

サラシアの効果

血糖値の上昇を抑制

サラシアは、糖尿病の方の血糖値上昇を抑制し、喉の渇きを軽減することで知られています。血糖値上昇抑制作用は、薬品と違って緩やかで、スリランカではサラシア配合のティーバッグが血糖値の上昇を抑制するとして売られているそうです。

また学術的にもラットを使った実験で血糖値の効果作用が確認されています。日本でも、軽症の2型糖尿病患者を対象としたサラシアの血糖値抑制効果を調べた研究で、空腹時の血糖値が改善し、体重やBMIの有意な低下も確認されています。

サラシアについては,下田らのこれまでの研究で,二糖類を単糖に分解する α―グルコシダーゼの働きを強力に阻害する作用とアミラーゼ に対する阻害作用をもつことが報告され ており,invitroだけでなく,動物実験や健常者を対象としたinvivo試験で食事負荷後の過血糖を抑制する効果が実証されている。

今回,境界型および軽症2型糖尿病症例に対するSRETの長期摂取によって,空腹時血糖値が改 善することが示された。 また同時に,自覚症状および診察時の問診において食欲不振や悪心・嘔吐をいっさい認めなかったにも関わらず,体重およびBMIが有意に低下することが示 された。

出典: [PDF]『Salacia reticulata 水抽出物における境界型および軽症2型糖尿病症例に対する臨床効果』日本栄養・食糧学会誌,53(5),2000(PDF)

サラシアの1日の摂取目安量

サラシアの葉に含まれる「サラシノール」という成分は、糖の吸収を抑え血糖値の上昇を穏やかにする効果があります。「1回の食事ににつきサラシノール0.2mgを含む食品を食前に摂取すると、一定以上の血糖値に対して効果を発揮する」という研究結果が報告されています。

そのため、目安としては「1回の食事の前にサラシア由来のサラシノールが0.2mgほど配合されたサプリメントを飲む」のが良いと考えられるでしょう。しかし、サプリメントによってサラシノールの配合量や目安量は変わってきます。また、サラシノール以外の有効とされる成分がメインのサプリメントも。それぞれの商品が提示している目安量を守って飲むようにしましょう。

食べ過ぎたときや食事の内容が偏ってしまったからといって、サプリメントの量を増やすのはおすすめしません。サプリメントは薬ではないので、たくさん飲んだからといって症状が改善するものではないからです。あくまでサポートという位置であることを忘れないことです。

サラシア由来サラシノールを主成分とした機能性表示食品「メタバリアS」の開発と今後の展望[PDF]

血糖値が大きく変動する血糖値スパイク

食後の血糖値が140mg/dl以上となり、その後急激に血糖値が下がるのが血糖値スパイクです。特徴は高低差です。上がった血糖値が正常の血糖値(100~140mg/dl)よりも低い値にまで急降下します。

血糖値スパイクを1日の食後血糖値の状態をグラフで表すと、血糖値の高い状態と低い状態が、尖った形になっています。この急激な血糖値の変化が、血管に悪影響を及ぼし、さまざまな疾患につながると言われているのです。

血糖値スパイクは、糖尿病治療中の方だけに起こるのではなく、検診や健康診断などで血糖値が正常と言われている方にも起こります。軽い低血糖症状、強い空腹感、動悸、震えなどが血糖値スパイクの症状。食後にこのような症状がある方は、食事の内容や食べ方に気を付けるようにしましょう。

血糖値スパイクを引き起こす原因

血糖値の急上昇と急降下を招く原因は、以下のようなことが考えられます。

血糖値スパイクは体にはどのような影響を与えるのか?

血糖の急激な変化で、血管内膜に活性酸素が増え炎症を起こします。炎症を直そうと免疫機能が働くと、血管の内膜が厚さを増し動脈硬化が起こります。動脈硬化は、脳梗塞、心筋梗塞を引き起こす原因。血糖値スパイクに気を付けることで、これらの疾患の予防にもつながるでしょう。

血糖値スパイクを防ぐためにできること

血糖値以外にサラシアが与える影響についてもも見ていきましょう。

高脂血症を予防

脂質代謝の異常により、血液中の脂質が異常に高くなってしまう高脂血症は、動脈硬化を起こしやすい状態です。脂質異常症とも呼ばれる高脂血症になると、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞、狭心症などさまざまな病気を引き起こしやすくなってしまいます。

サラシアには、この高脂血症を予防する作用があるとも言われており、実際にラットを使った実験で中世脂質の吸収を抑制し、高脂血症を予防することが報告されています。

サラシア・レティキュラータ水抽出エキス (SE) の継続摂取時の脂質レベルの麦動に及ぼす作用を, SE混餌各種飼料を与えたラットを用いて検討し, 以下の結果を得た。

1) SE混餌標準飼料を3週間与えたラットにおいて, 血中トリグリセリド (TG) 降下作用が認められた。また, オリーブ油負荷ラットの血中TGの上昇に対しては, 抑制作用を示さなかったことから, その作用が腸管からの中性脂質の吸収抑制によるものでないことが明らかになった。

2) SE混餌高ショ糖食を8週間与えたラットでは, 血中および肝TGの上昇抑制がみられたが, 血中総およびHDL-コレステロール (Cho), 肝Choはわずかに上昇した。

3) 高コレステロール食を1週間与えたラットにおいて, SE (0.05, 0.1%) は血中TGおよびCho値に有意な影響を及ぼさなかったが, 肝TGを降下させた。

以上の結果より, SEは継続摂取することによりTG降下作用を示し, その作用は吸収糖質の減少によるTG合成量の減少に基づく可能性が示唆された。

出典: [PDF]『サラシア・レティキュラータ (Salacia reticula) 水抽出物のラットにおける高脂血症予防作用』日本栄養・食糧学会誌,53(4),2000(PDF)

腸内環境の改善

サラシアは腸内環境を改善するにも役立ってくれます。昔から、健康や美容のためには腸内環境整えることが大切だといわれていますよね。
目に見えないものなので、自分の腸内環境が現在どのようになっているのかはなかなか予想ができませんが、生活習慣が乱れていたり、便秘気味な方、吹き出物が出やすい方などは腸内環境が乱れている可能性があるので、サラシアを取り入れてみましょう。

機能性食品の中にもサラシアを用いて腸内環境の改善効果が期待できる商品が多数あります。

サラシアが腸内のビフィズス菌を増やす

富士フイルムによって行われた研究で、サラシアが腸内環境に働きかけることが証明されています。

サラシア由来であるサラノールを摂取したところ、プラセボ実験に比べて腸内のbifidobacterium(ビフィズス菌)比率が増加したとの研究結果が出ているのです。

これは、サラシア由来のサラシノールの働きにより糖類の吸収が抑えられ、ビフィズス菌なによって資化されたからです。これにより腸内のビフィズス菌が増え、腸内環境の改善が期待できます。

参考:(PDF)富士フイルム:糖の吸収を抑える機能性表示食品「メタバリアスリム」「メタバリアS」の開発[PDF]

ビフィズス菌の働き

サラシアのサラシノールを摂取することにより、ビフィズス菌に働きかけられることが明らかとなりました。
ですが、ビフィズス菌とはそもそも何なのでしょうか。テレビCMなどでもよく聞く単語ですよね。

ビフィズス菌はもともと人間の腸管内に生息している菌で、整腸作用を持っています。

しかし、偏食で特定のものばかりを食べていたり、運動不足の方、ストレスを溜め込んでいる方は腸内のビフィズス菌が減ってしまい、腸内環境が乱れやすい状態になってしまうのです。

サラシアを取り入れることにより少なくなってしまったビフィズス菌を増やし、腸内環境改善を助けましょう。また、加齢によってもビフィズス菌は減少するので、昔に比べて腸内環境が悪化しているような気がする…と感じている方もサラシアを取り入れてみてくださいね。

腸内環境が整うとどうなる?

腸内環境が整うということは、悪玉菌が減って善玉菌が増えた状態でもあります。体内にたくさんの悪玉菌があると有害物質も発生してしまうので、体調やお肌に悪い影響を与えてしまうのです。

実際に腸内環境が回復したところ、肌荒れが治ったり、便秘が改善したと実感している方も多いので、お肌や健康のトラブルを抱えている方は腸内環境を整えることを意識してみましょう。

貧血への対策

貧血といえば、赤血球、または赤血球の中に含まれているヘモグロビンの量が少なくなってしまい、酸素が正しく運ばれなくなってしまった状態です。
これにより体はエネルギー不足になったり、疲れやすさ、めまい、立ちくらみなどを引き起こします。

食生活で鉄分の摂取量が不足していたり、女性の場合は月経の影響などを受けて貧血になることがあるのですが、ひどい貧血になると立っていることもできなくなったり、日常生活にも支障をきたしてしまうので注意が必要です。

貧血を改善するためには鉄分が豊富に含まれる食品を取り入れることも大切。
ですが、それでもなかなか状態が改善しなかったに検討して欲しいのがサラシアです。

サラシアにはヘモグロビンを増加させる働きがあります。

ヘモグロビンが増加する仕組み

なぜサラシアをとることによって貧血改善に欠かせないヘモグロビンの値が上昇するのでしょうか。
これには、サラシアの持っている腸内環境の改善効果が関わっています。

サラシアを取り入れると腸内環境が改善する点については先述しましたが、健康的な腸内はpH値や悪玉菌が増えにくい酸性になっているのです。

そして、サラシアなどによって環境が整い、腸内が酸性の状態になると、鉄などのミネラルが吸収されやすくなります。
こういった流れで貧血を改善するのに欠かせない鉄分などのミネラルが吸収されやすくなり、貧血状態の緩和に役立ってくれるといえるでしょう。

貧血を改善するためのサラシアの取り入れ方

サラシアは、一度取り入れればそれだけで劇的に腸内環境が改善し、貧血が緩和されるわけではありません。
腸内環境の改善までには時間がかかるので、長い目でみて取り入れていくようにしましょう。

重要になってくるのが、継続するということです。1~2回程度取り入れたからといって腸内環境は良くならないので、長く継続できそうな商品を選択し、サラシアを取り入れていくのがポイントです。

また、生活習慣を改善するなどして、様々な角度から貧血緩和に取り組んでみてはどうでしょうか。例えば、食生活を改善することも重要です。

鉄分の吸収率をアップさせるビタミンCを多く含む野菜や芋類、果物を取り入れてみたり、赤血球を作るのに重要なビタミンB12を含んだ牡蠣やしじみなどを取り入れてみるのもおすすめ。

反対に、食事中や食後に飲むと鉄の吸収が悪くなる緑茶や紅茶、コーヒーなどは避けておいた方が良いですね。

参考: 公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット:貧血予防に良い食事・食べ物・調理方法とは

肝機能の改善

健康診断で肝機能検査値の異常が出てしまい、驚いた方も多いのではないでしょうか。 肝機能がどれくらいなのかについては、血液検査でわかります。

ここで悪い結果が出てしまった方も、毎日の生活で肝臓に良くない生活をしていると実感している方も肝機能改善の対策を取ってみましょう。

ここでもサラシアが役立ちます。
これは、先述した腸内環境の改善効果によるものです。

そもそも、なぜ肝機能が低下してしまうのか?というと、大きな原因は、肝臓の働き過ぎが原因で疲れてしまうということ。
では、どういった時に肝臓が働くのか?というと、例えば、アンモニアを分解する際です。

アンモニアは悪玉菌によって作られます。腸内環境が悪化しているケースでは腸内にたくさんの悪玉菌が存在しているわけですが、この状態は肝臓が分解しなければならないアンモニアがたくさん作られてしまい、肝臓の疲れを引き起こしてしまうのです。

これを改善するためには、悪玉菌を減らし、肝臓の負担を抑えることが重要だといえるでしょう。そのためにも腸内環境改善に役立つサラシアを取り入れてみてはどうでしょうか。

肝機能を改善させるメリット

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれています。これは、何かトラブルがあったとしても本当に大変な状態にならなければ変化が起きないということ。
つまり、現在肝機能がかなり低下していたとしてもそれに気づけていない方もたくさんいるのです。

肝機能が低下した場合には食欲が低下したり、脚がむくむなどの症状が出ることがありますが、ほとんどの方は肝機能の低下と結びつけて考えられないはず。

肝機能が低下した場合には肝硬変や肝がんなどのリスクもあるので、十分に注意しておきましょう。
毎日手軽に取り入れやすい形でヘルシアを選択すれば、ストレスなく肝機能の改善を目指していくことができますね。

お酒の飲みすぎに注意

お酒を毎日たくさん飲んでいると肝硬変などのリスクがあります。これは、日本人がもともとアルコールに弱い体質で、肝臓がダメージを受けやすいことが原因です。
また、アルコールの毒素を分解する際にも肝臓がたくさん働いているため、飲めば飲むほど肝臓にダメージを与えてしまいます。

毎日お酒を飲むのではなく、週に2日は休肝日を作り、肝臓を休ませてあげましょう。

また、サプリメントの取りすぎも肝臓に負担をかけるので気をつけておいてくださいね。
普段の生活習慣を見直し、健康的な生活を心がけることも大切です。

サラシアの効果が報告されている研究事例

血糖値の急激な上昇を抑制し糖尿病リスクを予防

小林製薬株式会社は、近畿大学薬学総合研究所との共同研究により、食事によって生じる血糖値スパイクをサラシアが抑制することを明らかにしています。2017年に開催された第71回日本栄養・食料学会大会で発表された同研究では、食後に血糖値が上がりやすい糖尿病予備群の被験者を対象に次のような実験が行われました。[2]

実験内容

糖尿病予備群の成人男女6人に対して、1日3食の食事前にサラシア配合食品もしくはプラセボを摂取させ、血糖値の上昇をモニタリング。血糖値スパイクと呼ばれる食後の急激な血糖値上昇がどの程度抑制されているかを調べた。

結果

プラセボを摂取した場合の血糖値上昇に比べて、サラシア配合食品を1回あたり600mg摂取させた場合、血糖値の上昇は明らかに抑制され、血糖値上昇カーブが緩やかになっていることが確認された。

同研究では、明らかにサラシアが血糖値の急激な上昇を抑制していることが明らかになった。

血液細胞の免疫関連遺伝子が増加

血糖値の急激な上昇を抑えるだけでなく、サラシアには免疫力を向上させる作用があることも明らかになっています。免疫力向上メカニズムを調べた富士フィルム株式会社の研究[3]では、サラシアを摂取すると腸内の善玉菌が増え、免疫関連遺伝子の中でもTh1細胞と呼ばれる細胞性免疫遺伝子の発現が増加していたそうです。

実験内容

健常な50〜59歳の男性30名をサラシア摂取群とプラセボ摂取群に分け、4週間摂取したのち血液細胞や腸内細菌、T細胞増殖係数を測定。その結果を比較した。

結果

サラシアを摂取した群では、プラセボを摂取した群と比べて明らかに血液細胞の免疫関連遺伝子の発現が増加。さらに、大腸内ではサラシア摂取群で優位に善玉菌の数が増加。血液中のT細胞も増殖していたことが認められた。

これらの結果から、サラシアは人の免疫機能に作用することが明らかになった。

サラシアを摂るときに確認しておきたいこと

糖尿病治療中の方は、サプリによる効果が出たのか、薬などによる効果なのか判断に困ってしまうことがあります。また、相互作用により薬の効果が薄れたり効き過ぎたりするおそれも。サラシア配合のサプリメントを飲み始める前に、一度主治医に相談しましょう。サプリメントは、血糖値をコントロールするサポートです。糖尿病治療薬ではありません。サプリメントを多く飲んでも効果は変わりません。1回に飲む決められた量を守りましょう。

サプリメント成分の作用により、下痢や軟便症状が出現することがありますので、飲み始めたら確認してください。症状が継続するようであれば、サプリメントを中止しましょう。

妊娠中におけるサプリメントの安全性がまだ確立されていないため、妊娠の可能性のある方はおすすめできません。

サラシアを摂る以外に体のためにできること

家族の協力を得る

日頃の食事の見直しが大切です。これまでの食事内容を変更するには、本人自身は元より家族のサポートも必要になります。血糖値コントロールの必要性を家族に理解してもらい協力を得ましょう。

食事内容や食べる順番

血糖値を上げる炭水化物の量を減らします。食物繊維が含まれる野菜、汁物から食べると、血糖値の上昇を抑えることができます。食材や食べる順番を工夫しましょう。

食事はきちんと摂る

食事を抜いてしまうと、血糖値が低い状態が続きます。すると、食事をすることで血糖値がぐんと上がり、高低差が激しくなることに。血糖値の上がり下がりが激しいと体によくありません。できるだけ3食きちんと摂りましょう。

お菓子を食べる量を決める。お酒を飲まない日をもうける

甘いお菓子は、食べ過ぎない程度に量を決めて楽しみましょう。一切食べないという極端な制限はストレスのもとです。お酒も飲んでいいですが、毎日ではなく日を決めて適度に楽しむようにしましょう。

カロリーを消費のために運動をする

仕事での通勤時に歩く時間を増やしたり、会社内でエレベーターを使用せず階段を使用したりすることも効果的です。休みの日で時間が作れるときは、散歩をしてみるのもいいです。

食後の血糖値上昇を抑えたいときは、少し負荷のかかる筋トレで糖をすぐエネルギーに変えてしまいましょう。

ストレスをため込まないようにしましょう

少しの時間でも、自分の好きなこと・楽しいことをしてリラックスしましょう。ストレスを抱え込まないことで、毎日の生活に活気が出ます。ストレスを上手に逃がすことで、体調も整っていくでしょう。

参考文献

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

コンテンツ一覧

サイトマップ