糖尿病の症状から予防サプリまでを徹底調査 » 糖尿病のサイン?注意すべき兆候や自覚症状 » 糖尿病によって引き起こされる虫歯や歯周病

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

糖尿病によって引き起こされる虫歯や歯周病

「以前より、虫歯ができやすくなった。」「きちんと歯磨きしているはずなのに、歯周病だと言われてしまった。」など、虫歯や歯周病の自覚症状に悩まされるようになったら、糖尿病の可能性も考えてみましょう。

糖尿病により引き起こされるさまざまな症状から、合併症の1つとして、歯の病気にかかる可能性もあるのです。

糖尿病により引き起こされる合併症とは?

糖尿病の主な原因は、高カロリー高脂肪な食事や運動不足などの生活習慣が積み重なることで、血糖値が正常な値より高くなってしまい、余分なブトウ糖が尿として体外に排出されてしまう病気です。

この糖尿病になると、身体の抵抗力が弱くなってしまいます。そのため、健康なときには、ならないようなさまざまな合併症を引き起こしてしまいやすい病気でもあります。

糖尿病によって引き起こされる合併症のなかで、特に有名なのが、「糖尿病の3大合併症」とも呼ばれる糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症です。この有名な合併症以外にも、数多くある合併症の1つが「歯の病気」です。

糖尿病になると歯の病気も引き起こしやすくなることは、あまり知られていないため、「最近、よく歯が痛くなる。」「治療をしているはずなのに、なかなか良くならない。」など歯に関する自覚症状がある場合、糖尿病の可能性を考えてみるのもよいでしょう。

歯の病気の症状とは?

歯の病気は、大きく2つに分けることができます。歯を支えている歯茎など周辺組織を蝕む「歯周病」と歯自体を蝕む「虫歯」です。最初は少し痛むぐらいの虫歯でも、放置して症状が進行すると歯を抜かなくてはならなくなります。

また、歯周病は、その歯を支えている顎の骨をも溶かしてしまうため、こちらも症状が進行すると歯を失ってしまう可能性が高い病気です。また、35歳以上の80%以上が歯周病に蝕まれているといわれていますが、自覚症状があまりあらわれないため、治療を始めたときには、すでに手遅れであることも多い病気です。

この歯周病は、さまざまな病気と関連があるとされていますが、その中でも最も関係が深いといわれているのが糖尿病なのです。

糖尿病になると歯周病になりやすいのはなぜ?

糖尿病になると、さまざまな症状が身体にあらわれます。それらの症状が歯周病を引き起こす原因となります。

糖尿病によって引き起こされるこれらのさまざまな症状が重なり合って、虫歯や歯周病にかかりやすく、また、症状が進行しやすい状態が出来上がります。さらに、糖尿病が原因で歯周病になった場合、高くなった血糖値を改善しなければ、歯周病もなかなか治らなくなります。

歯の病気を予防するためにも、血糖値が高くならないように日頃の食生活などを気をつけたりこともとても大切です。

【参考】

糖尿病患者の歯周組織疾患の解析:真山 享,後藤 千秋,豊田 隆謙,後藤 由夫 昭 和61年2月24日[PDF] 歯周病学分野:北海道大学大学院歯学研究科口腔健康科学講座[PDF] 歯周病と糖尿病に関する疫学的研究:jstage[PDF]

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

コンテンツ一覧

サイトマップ