糖尿病の症状から予防サプリまでを徹底調査 » 糖尿病のサイン?注意すべき兆候や自覚症状 » 尿の量・回数が多い

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

尿の量・回数が多い

糖尿病だと診断を受けるまで、まったく自覚症状をもたない方が多いものです。少し時間をおくとすぐにトイレに行きたくなる「頻尿」。これは糖尿病であるサインのひとつです。まずは、糖尿病だと診断された方の体験談をご紹介します。

【糖尿病体験談】頻尿も糖尿病の進行が原因

糖尿病の初期症状だと気づきませんでした

頻尿が続き悩んでいたのですが、その原因が糖尿病だったとはまったく自覚していませんでした。とにかくトイレが近いんです。映画やコンサートを見に行っても、途中で必ず何度かトイレに行っていました。仕事で会議や打ち合わせが長くなると、途中で退席して慌ててトイレへ。そのあとお客様からクレームを受ける始末でした。尿のキレも悪くなり、用を済ませた後にズボンが尿で濡れてしまって恥ずかしい思いをしたこともあります。

さらに困るのは、夜中です。以前は一度眠りにつくとそのまま朝までトイレに行くことなどなかったのですが、いつの頃からか、トイレに行きたくなって目を覚ます日々。一度きりならまだしも、だんだんと回数が増えてきて今ではだいたい2時間おきに目を覚まします。ゆっくり眠ることもできません。

尿の回数や量が多くなるのは糖尿病のサイン

糖尿病の初期症状にトイレが近くなる、あるいは尿の量が多くなるといったことが挙げられます。これは、体が血液中の余分な糖を体外に排出しようと反応しているサインです。

人の体は血糖値が高くなると、ブドウ糖の濃度を下げるために尿を作り出して体外に排出させようとします。そのため尿をどんどん量産して体外へ排出。これにより頻尿という症状が現れるのです。また糖尿病は体内の水分量が足りなくなるため、よくのどが渇きます。頻繁にのどが渇く方は注意が必要です

夜尿症やキレの悪さも糖尿病が一因に

糖尿病の合併症に、神経障害をもたらすものがあります。神経障害が生じると尿のコントロールが難しくなり、トラブルを起しやすくなるという症状が。たとえば夜間の頻尿夜尿症尿のキレが悪くなり排尿に時間がかかるといった症状も、自律神経に障害があることが原因で発症すると言われています。

このような症状が出てきたら、すでに合併症を起しているサインの可能性大!早急に病院へ行き、医師へ相談したり治療を受けたりする必要があります。また初期症状として頻尿や尿の量が多いなどの症状が現れた場合にも、一時的なものか年齢的なものだと決めつけず、きちんと検査を受けて糖尿病の疑いがないかチェックするようにしましょう。

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

血糖値の上昇を抑える成分を徹底比較

あなたは大丈夫?糖尿病の危険度チェック

コンテンツ一覧

サイトマップ